7月17日、当県でも感染経路が不明な新規陽性者が確認されたこと等から「コロナとのつきあい方滋賀プラン」におけるステージ判断が「注意ステージ」から「警戒ステ ージ」へと引き上げられました。

みなさまの施設でも対策の強化を図られていることと存じますが、厚労省通知をはじめとする行政情報の全部は把握しきれないのも実情です。ついては、各種対応の視点整理については下記2つの通知が参考となりますので、施設内での感染対策会議等で職員のみなさまと共有していただく等、対策強化の一環となりましたら幸いです(相談目安などその後更新されている情報もありますので、ご注意ください)。

 

6月30日Vol.853・・・p.3高齢者施設での感染判明した場合は原則入院、感染が疑われる施設従業者のPCR検査、濃厚接触者の健康管理期間、p.5専門家の派遣等についてなど整理されています。

4月7日Vol.808・・・p.4発熱職員への対応、p.7社会福祉施設職員の濃厚接触者対応について、同利用者の場合等々整理されています。